狭き門を突破

受験は狭き門を突破することです。志望校にはよるものの、多くの受験生の中で合格できるのは決して全員ではありません。その数少ない合格者になる為に東大生の家庭教師を選択するご家庭が数多くあります。東大生の家庭教師を付けることの大きなメリットになるのが、やはり受験を経験していることにあります。特に東大という合格するのが難しい学校の受験を合格しているのは高い学力がある裏返しです。

高い学力があるということは、それだけ生徒にしっかり学力アップに繋がる授業を行うことができる証拠と言えます。高い学力があることが質の高い授業を必ず行えるという訳ではないものの、高い学力は必要な要素であるのは間違いありません。東大生になるには、高い学力がないといけません。その学力をしっかり生徒に活かしてもらえるという期待感が、東大生の家庭教師を付けるということに繋がってきます。

東大生の家庭教師を付けることは大きな出費になるのは間違いありません。ただでさえ塾よりも家庭教師を付けることの方が出費が多くなり、東大生となるとさらに高くなってしまいます。しかいし、それだけの価値があるのが事実であり、選択をされるご家庭が多くなる理由です。